春風のゆうべ~イタリアンな夜~

5日の火曜日、昼間は福島イベント、夜はイタリアンイベントと、
千客万来の一日となりました。
夜は完全予約制のイタリアンディナーの会です。
料理人は、西陣のお豆屋さん、楽天堂さんのつながりで知り合った木田さん。
イタリアで料理を勉強し、色んなお店で修行されて、
今は宿と料理の店を作ろうと準備中なのです。

僕の周りには、
僕の持ち合わせていない才能を豊かに持った友人知人が多くて、
そんな人達と一緒に何かを作れるなんて幸せだなあと思います。
先日のKさんの日本酒にせよ、今回の木田さんのイタリアンにせよ、
みんなすごいなあ、と驚くばかりです。

すごいだけじゃなくて、「この人好きだな」と思える何かを持っていて、
そんな人だから、わざわざイベントを企画するのですが。

イタリアンの会の参加者は、僕を含めて男性3人、女性7人の集まりでした。
そのうち楽天堂さんの豆料理クラブの会員は僕ともう一人だけ、
後は一度だけ木田さんに会ったことがある人2人、他は木田さんとは初対面。

木田さんファンの裾野を広げる、という目標は、
この時点で半ば達成されたような気がしていました。

格安の値段設定に加えて初の出張料理イベントということで、
木田さんにご苦労は沢山あったかと思います。
準備中

それでも何とも素晴らしい食事の数々。
一品一品、すごく美味しい!という言葉の連続でした。

前菜4種とパスタ2種、お肉料理にデザートまで。
ついでに春風のコーヒー・紅茶も添えました。
デザート
料理の写真がうまく撮れず、準備中のデザートの写真です。

事前に下見はしてもらったものの、足りないものの多い普通の台所で、
動きにくかったはずなのに手際よく料理を出して下さり、
本当にいい時間が過ごせました。

料理を出すタイミングが遅くなったと木田さんは悔やんでおられましたが、
みんな初対面同士でもおしゃべりに花が咲いていたので、
誰一人遅いとは思っていなかったと思います。
お食事中

みんなで食事をしながら自己紹介もし、木田さんの紹介もし、
木田さんの朴訥とした話しぶりがまた好感を誘い、
話も弾んでいました。

今度絶対予約しよう!という人が何人もいたし、
そうやって評判が評判を呼んで行ったらいいな、と思います。

他に、僕の中で大きな収穫だったのは、
今までイベントをしてほとんど縁の無かった、
「50代男性サラリーマン」が参加して下さったことでした。
さいりん館の近くの会社に勤めておられて、
さいりん館でまちカフェ京都のチラシに興味を持って下さったそうです。

また、ある参加者の方から、
「昼に○○っていう有名な中華料理の店に行ったんやけど、
やっぱりこっちの方が美味しいわ」
「作ってくれる人柄とか集まった人の雰囲気があるとやっぱり違うな」
「断然こっちの方が贅沢」
という声もありました。

そんな夜のベストショットが添付ファイルです。
女子二人にカメラを向けられる男前料理人木田さん(若干やらせ気味)。
料理人木田さん

また木田さんとイタリアンなイベントしたいなあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード