立場について

昨年の東日本大震災に伴う原発事故の後、
54基あった原発は定期点検などで次々と停止し、
間もなく全ての原発が、一旦停止となることが確実になってきました。
これまで、「反原発」という言葉は危険な思想家のように受け取られてきましたが、
昨年からの恐ろしい状況と政府や電力会社のずさんな対応の中で、
原発はやはり現実的ではないのではないか、という意見も大きくなってきました。

しかしながら、原発は必要である、という意見を持つ人と、
原発は即座に無くすべきだ、という意見を持つ人の対立は、
なかなか根深いものがあるようです。

互いに異なる意見を持つ人同士が、
相手の言葉に耳を傾けつつ、話し合う機会があれば良いな、
と思うのですが、それ以前に気になることもあります。

同じく「反原発」を掲げる人の中でも、
活発に行動する人と、そうではなく静かに考え慎重に行動する人がいます。
同じ「反原発」という分類の中でも、細かい部分で小さな違いがあることもあります。

そんな時、一方が他方を「なまぬるい」「それでは何もやっていないのと同じだ」
という非難が、「この非国民め!」のようなニュアンスまで含みかねないこともあります。

同じ考えを共有する間ですら、このような小さな違いで対立が起きるのであれば、
考え方が違えばより大きな対立を引き起こすことになるでしょう。

僕は分類すれば「反原発」という方に入ります。

しかしながら、それをどう表現し、どう行動するかという点では、
消極的な部類に入るかもしれません。

立場の狭間に立って、橋渡しをするためにはどうしたら良いのか、
批判し合うのではなくて、解決の方法をどうやって模索しようか、
そういういことに力を入れたいな、と思っています。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード