W杯サッカーと近代日本の行く末

W杯日本サッカーと近代日本を比較してみたくなりました。
現状は大げさに言うと日露戦争に奇跡的に勝利した日本位に、
よく考えて実行したような気がします。

そして多分、このままいくと日露戦争以後の日本と同じように、
あまり思わしくない未来が見え隠れするような気が。

昨夜はサッカー日本代表がグループリーグを突破して、
その突破の仕方が色々と話題になっていました。
テレビの無い新聞好きの我が家ではもちろんプレー映像を見ずに、
翌日の新聞やニュースで色々と情報収集。

サッカー好きな方々は怒っていたり喜んでいたり色々。

退屈なゲーム内容を直接見ていない僕としては、
西野監督すごいな、名将かもしれない、という感想だけです。

結果的に予選を突破するだけじゃなくて
主力選手の体力温存まで果たすという、
何もかもを手に入れた感があります。
それこそ日露戦争に奇跡的に勝利した日本位に
よく結果をもぎ取ったと思います。

サッカーそのものには通り一遍の興味しかないのですが、
今回のW杯は、直前の監督解任とか内紛的な動きとか、
日本社会の縮図的な何事かが詰まっていそうなところに注目していました。

そんなゴタゴタの中で監督になった西野さんが、
チームを率いて奇跡的な快進撃。
沢山の無責任な批判をものともせずに攻撃的に戦い続けての予選最後の一戦。
一点を取られて、他の試合経過を見ながら
負けても予選突破できる結果を求めての作戦変更。

コロンビアが勝って、日本がこの点差のまま負ければ予選突破。
日本がもう一点取られるか、
セネガルがコロンビアに追いついてしまったら予選敗退。

「他力本願」「ギャンブル」と批判を浴びても、
前の2試合で結果を出して、
この状況にまで持ち込んでこその最後の作戦。

「ギャンブル」の勝ち方はシンプルで、
運以外の要素で最大限勝てる確率を高めて、
最後の最後に賭けに出ることと言われます。

初めから全て「運を天に任せる」と言うのは負けるギャンブラーです。

五分五分の賭けを、
いろんな要素を交えて六分四分とか七分三分にまでこっそり仕込んでおいて、
そこで初めて賭けに出る、というのが今回の西野監督の選択のように見えます。

もちろん最後は運ですけど。
西野監督は運も持っていたということになります。

日露戦争の海軍の統率者である東郷平八郎は、
その長い海軍経験だけではなくて「運の良い男」という理由で
連合艦隊司令長官に選ばれたというエピソードがあります。
もちろん運以外の能力も兼ね備えてのことではありますが、
結果的にはロシア艦隊を全て日本海に沈め、
戦争全体の帰趨を決めることにもなりました。

サッカーの西野監督も、同じように運と能力を兼ね備えた人なのでしょう。
3戦全敗確実とまで言われたチームを率いて予選を突破し、
なおかつ予選で全ての力を使い果たすことなく、
余力を持って決勝トーナメント進出を果たすということになりました。

後は誰に気兼ねもせずに全力を尽くせば良いだけです。
何せ相手は全部遥かに格上のチームばかりなのですから。

ただ、気になるのは日露戦争と同じく、
このW杯以後の日本についてです。

この予選突破以前は、
日本サッカー協会には厳しい批判の目が向けられていました。
予選敗退によってそれは
一層厳しいものになるのではないかと言われていました。
それが、勝ってしまったことにより、
その批判はなかったことになるかもしれません。

日露戦争後、近代日本とその軍隊はどのようになってしまったか。
1945年の結末は誰もが知るところです。
旧日本陸海軍は日露戦争後、
その勝利によって自分たちを過剰に絶対視するようになったと言われています。
戦術も、装備も、他国の研究も、
第二次世界大戦が始まる頃には何もかもが遅れ切っていたと言われます。
かつて勝利したその同じ作戦を繰り返し、
敵も同じ行動をすると想定していたそうです。

西野監督の今回の作戦は、
今回の状況で彼だから成し遂げただけで、
次に誰かが真似をしたら大失敗になるかもしれません。

二度と同じ状況など出現しないにもかかわらず、
単純に同じように真似をする人が現れるのが日本的思考法なのかな、
と思っています。

もしかしたら、日本サッカーの最盛期は今このタイミングで、
後は下り坂になってしまうかもしれません。
あくまでも、割と近い過去の日本の歴史に当てはめただけの
予測でしかありませんが。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード