FC2ブログ

65%の無関心

約35%という投票率で幕を閉じた京都府知事選挙。

昨夜は西脇さんに投票した友人と、
飲みながらおしゃべりしてました。

その友人のフェイスブックのタイムラインでは、
選挙の話題を出すのは、春風かもう一人くらいだそうです(笑)
春風のタイムラインは、選挙の話題がいっぱい流れてきます。
(FBに限らずツイッターでも)
府知事選に関しては、西脇さん支持の人が少しと、福山さん支持の人が多め。

でも、終わってから結果を自分なりにどう受け止めるのか、
どう感じるのかとか書いている人は少ない気がします。
誰かのコメント欄で勝手に総括して、批判し合って炎上してるのは見ましたが。

それはいいとして、結果も投票率も予想通りでしたが、
予想よりも福山さんが善戦した、というのが新聞などでの報道でした。

30%台の投票率となると、組織の大きさがほぼ勝敗に直結します。
だから、西脇さんの得票が選挙前に期待したよりも少ないものになっても、
福山さんが上回るまでにはいかなかったようです。
ただ、まかり間違えば勝敗が逆転していた可能性もあったのかなとも思います。

では、奇跡の逆転勝利が成し遂げられていれば、
どういうことが起こったのだろうと考えると、
どうもその予想も明るい未来を描きにくそう。

仮に投票率が5%上がって40%になって、
それが全部福山さんの票(10万票分)だとすると、
今回の勝敗は逆転します。
10%上がって20万票の内の15万票が福山さん、
残りが西脇さんでも逆転できてしまう。
もちろんあくまでも仮定なので、
「そんなに福山さんばっかり得票するわけないやろ」
とか現実的な突っ込みはしないでください(笑)

でも、そういう奇跡には代償がつきもので、
府議会の議席定数60のうち福山さん支持に回る共産党の議席は13。
自民、公明だけで過半数を許す少数与党です。

それでも圧倒的な投票率と得票率で選挙を勝っていれば、
世論の後押しも期待できるところですが、仮定の投票率も40%台。
議会は空転し、府職員は対応に翻弄され、
動くものも動かなくなる、ということにもなりかねません。

そうなると、その辺の滞りは新知事のせいにされ、
共産党も批判にさらされ、
「やっぱり共産党は批判は得意でも実行できない」
「理想論ばっかりで現実を認識して実行する力が無い」
と言われかねません。

地方自治体でも国レベルでも、
本当のところで与党に現実認識力と実行力があるのかといえば、
多分に疑問符は付くのですが、
イメージとしては自民党の方がやることをやっている、
とされるようです。

そのイメージを利用して
(そして野党になった自民党が邪魔をして府政が空転しているだけなのを隠して)、
少数与党批判を繰り返せば、
4年後に回復不能なまでのダメージを与えることもできるかもしれません。

風が吹いて投票率が上がって、
圧倒的な支持を背景に政権を取った民主党が、
数年で期待外れだと梯子を外されたことを思えば、
少数与党での府政運営というのは大変なことでしょう。

少数与党であっても、
圧倒的な支持率と有権者の粘り強い支えがあれば、
多数派の与党も簡単に議会を空転させるような真似もできないでしょうが、
そうするにはまだ投票率も低すぎたように見えます。

何か大きな争点を、住民の中で共有して、それに対して是か非か、
というような分かりやすい選挙の方がうまくいくのでしょうか。

やっぱり選挙に勝って世の中も変えようと思うと、
長い時間を費やす必要があるのですね。

まずは投票率を上げる知恵を絞る。
それから地方議会の選挙で今よりも議席を増やす。
その後、知事も自分たちの支持する人を勝たせる。

なんてことを考えていると、
1度や2度の選挙で「戦略的投票」と言っている場合ではないのかもしれません。

それをどうこうするような知恵があるはずもないのですが、
地道に自民党に投票する友達とお酒でも飲みながら、
考えていこうと思います。

今回の府知事選関連の投稿は、
「非共産vs共産」について書いたこちらと、
それに批判をいただき友達切られました、というこちら
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード