FC2ブログ

クラシック音楽とコラボ

きのうのクラシック音楽とフェアトレード・コーヒーの集い、
想像以上に盛況な集いとなりました。
28058413_1198267213641087_7871325154472147046_n.jpg

当初は、
「15人か20人位かなあと思いますけど、宣伝頑張ります」
「地域の高齢の方がメインになるので
400円のコーヒーが受け入れてもらえるか何とも言えません」
と、言われ、なかなかタフなイベントを想定していたのですが、
始まる前から想定を覆し、次から次へとコーヒーのご注文をいただきました。

皆さん金額については否定的なコメントは一切せず、
「こういうコーヒーが一般的なお店でも買えるようにならんとあかんな」
と言いつつお買い物とご注文。

コーヒーの注文が立て込んで、
春風の講演スタートが遅れてしまうというハプニング。

講演といっても15分程度のおしゃべりだったのですが、
「フェアトレード」と「持続可能な社会」って何か、
先進国と途上国の問題ではなくて、
日本の自分たちの身近な環境にも同じような問題があるということを話しました。
P1270443.jpg

更には地球環境とか未来の世代も巻き込んで
自分たちの消費活動が成り立っているなんて偉そうなことも。
皆さま大きくうなずきながら聞いてくださり、何となく心強く思いました。

15分ほど話した後は
ヴィーナリッシェ・アンサンブル京都さんの演奏が。
ヴィーナリッシェさんは、
「私たちの音楽はカフェのBGMと思ってコーヒーを楽しんでください」
とアナウンスしてくださり、演奏曲もコーヒー絡みの曲を用意してくださり、
演奏中もコーヒーの注文が沢山。
28276731_1198267366974405_1460338496176633157_n.jpg

フェアトレードの話を終えた直後はご注文が殺到するような勢いになり、
なんともありがたいことでした。
豆から挽いてコーヒーを淹れてお出しまで少し時間がかかるので、
その間はマダムな皆さまとおしゃべりタイム。
P1270485.jpg

「うちの夫がコーヒー好きで、いつも家では淹れてくれるのよ」
「あれ、蒸らしのお湯の量ってこれくらいなの?」
「いやいや、せっかくやし淹れたはるところ見せてもらお」
「プロが淹れるとよう粉膨らむなあ」(注:豆が新鮮だから膨らんでます)
「お湯の温度はどんなもんえ?」
「ああ、カップとポット(注:サーバーです)を温めるとええんかあ」
などなど、おしゃべりに花が咲きました。

コーヒーの注文が一段落した後半はクラシックを堪能し、
また終了後には帰りがけの皆さまが買い物をしてくださり、
感想も残してくださり、いい時間になりました。

結局想定上の40人~50人近くの方が来てくださったのでしょうか。
楽しい一時をありがとうございました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード