自民党支持の友人と意見交換

春風のことを、「真ん中よりやや左寄り」と判定している
自称「真ん中よりやや右寄り」の友人から、
飲みに誘われました。

「選挙前に春風さんと話したかったので」
というわけで、いつか一緒に行ったアイリッシュパブで、
外国のビールを飲みながら政治談議。
「結局消去法で自民党に入れると思うんですけどね」
というその友人も、希望の党や立憲民主党、
それから前原さんの行動というところは気になる様子。

こういう話は直接おしゃべりしながら、
言葉の微妙なニュアンスとか表情とかを交えて
情報交換するのが大事なんだなあと思いました。
ネット上で文字だけでやり取りすると、きっと決裂してます。

二人の思いが共通したところは、
希望の党はピークが早すぎた、そもそも言ってることが支離滅裂、
枝野さんの真摯な言葉は、
旧来の左翼の断定的で相手に説教するような口調よりも
説得力があるというところ。

消去法で自民かな、という友人も、
枝野さんが自分の選挙区に候補者としていれば、
投票してもいいかな、と思うとのこと。

従来の野党のアプローチは、
素人が政治から離れていくやり方なのかなあ、やっぱり。
表現が雑というか、批判をするにも切り込み方が下手なのか。

今回の「国難突破解散」の何がおかしいかというと、
北朝鮮の脅威を声高に訴える政府が、
今にもミサイルが落ちてくるぞと散々その脅威を煽り倒した
この時点で解散するという点。

どうして最大の危機の時に解散して選挙する暇があるのか、
というところ。
任期はまだ1年以上あるというのに。
結局は今は危なくないと思っているから選挙するんでしょ。

自己都合で今なら勝てそうと思って解散しているのに、
そんな危機を捏造するのはおかしいよね、というところは、
自民党を選択するという友人にも理解はしてもらえました。

それでも自民党しかない、と思う人は世の中には案外多いはずで、
そこから自民党以外にも投票してみようか、
というところに飛躍させられないのは野党の力不足なんだろうなと思います。

考え方に隔たりがあっても、
あなたの意見を聞きたい、それを基に考えてみたい、
と思える信頼関係を普段から築くことが大事なんだなあと思います。

色んなところでそんな関係性を作る努力を、
左翼と呼ばれる人たちもする必要があるんだろうな。

なんて生意気なことを書いてみました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード