コーヒー代と喜びと

とある日の「春風の日@ヒノコ」でのこと。
夕方にふらりと年配の女性が立ち寄ってくださいました。

お話を聞いてみると、用事があって京都への一人旅の途中だそうです。
ご自宅では薪ストーブを使っておられ、
少し一人旅の寂しさが出てきた頃に、
外から見えたペレットストーブの火に懐かしさを感じて引き入れられたのこと。
用事を済ませて時間があるので、あちらこちらと歩いているうちに、
方向が分からなくなって疲れてきたその女性。
あぁコーヒーでも飲みたい、と思ったところにストーブが見え、
しかもコーヒーまである。
ここで休憩しようと立ち寄ってくださったのでした。
ひとしきりお話を聞いているうちに、すっかりくつろいでくださり、
一人旅で誰とも話ができなかったので良かったと大満足してくださいました。

帰り際、「コーヒー代を」と千円札を受け取り、お釣りをお返しした後に、
「そういえば、お店の前に募金箱ありましたよね。
楽しい思いをさせてもらったし、それに入れようかな」
それはありがたいことで、と思い店先に案内すると、そこに2つの募金箱。
1つは森林保全系のもので、もうひとつは環境市民のもの。

簡単に説明した後にその女性から、
「あなたはどっちを応援してるの?」
と聞かれたので、
「そりゃもちろん直接知ってる分こっちですねえ」
と答えると、お釣りの全額を入れてくださいました。
お、コーヒー代より募金の方が多いですよ、と思いながらお礼を述べると、
「こんなに楽しい時間をありがとうございました」
とこちらがお礼を言ってもらえました。
17632286_1243157602471121_7350198708033780403_o.jpg

コーヒー1杯で、旅の不安を和らげることができ、
コーヒー代以上の喜びと旅の思い出を作ってもらえたのなら何よりです。
ちなみにこの記事は、環境市民のブログにも掲載中です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード