春風珈琲海を渡る

春風珈琲は、ついに海を渡りました。

先日、沖縄に弾丸ツアーで行ってきたのですが、
2泊目に選んだのが朝日家さんという本島北部の素敵な宿。
20161126_072354.jpg
宿からの眺め。

とても素敵な一時を過ごさせていただき、
そのお礼にとリクエストにお応えしてミニコーヒー講座を開催。
オーナーの安次嶺さんとその息子くんとスタッフの方々と。
☆写真 2016-11-26 9 37 51

実は、朝日家さん併設のカフェ水母(くらげ)さんで使われているコーヒーは、
株式会社ウインドファームのブラジル産生豆(自家焙煎されています)。
20161126_075818.jpg

春風自身がウインドファームの元スタッフということもあり、
安次嶺さんが春風の友人である京都の「せぼらびfarm」さんや、
「堺町画廊」さんと仲良しでもあり、と沢山のご縁が重なっています。

そんな状況で、安次嶺さんから
「最後にコーヒー淹れてよ♪何だったら淹れ方教えて♪」
と朗らかにおねだりいただきました。
スタッフさん達も安次嶺さんのおねだり上手に大喜び♪
☆写真 2016-11-26 9 33 54

そんなわけで、
急きょ朝食の後にコーヒーを頂いた更にその後に、
コーヒー講座を開催。

お湯を沸かす温度の目安、
豆の量とお湯の量のバランス、
抽出道具による淹れ方の違い、
その他ちょっとしたコツあれこれ、
実際に淹れながら解説しました。
最前列で最も熱心に観察していたのは安次嶺さんちの末っ子くん。
☆写真 2016-11-26 9 39 07

実際に飲んでもらうと、
「あー!同じ豆なのに全然違う!」
「しっかり味が出てるけど後味がいい!」
「朝出したコーヒーは薄かったね、ごめんね(笑)」
「美味しい♪」
とみんな笑顔。

飲んでもらった後にも、
一人分のコーヒーを淹れる時と複数杯のコーヒーを淹れる時の注意点など、
カフェ仕様の質問と回答的なものもあれこれやり取り。
☆写真 2016-11-26 9 44 10

コーヒーを囲んで楽しい一時を過ごし、
とってもフレンドリーな安次嶺さんはじめ、
スタッフの方々とおしゃべりできました。

美味しいものを囲んで一緒に過ごすって、
ほんとに笑顔が増えるなあと実感できる瞬間です。
僕自身は、そんな笑顔があふれる場所に、
ちょこんと座っていられたらいいな、と思うのですが、
コーヒー屋って、案外どこにでも手軽にそういう空間を作り出すことができるよな、
って思っています。
ちょっとした魔法使いなんです。

安次嶺さんは、今話題の高江にカフェ山甌をご家族で作られ、
そこから数年後にもう少し北の国頭(くにがみ)村に宿を始め、
カフェも併設した方です。
20161126_083230.jpg


今年一杯でこちらのカフェと宿は
経営をスタッフさんに譲られるそうですが、
その後もきっと美味しいコーヒーとご飯が食べられるだろうな、
と思うとまた来るのが楽しみになります。

2泊3日で沖縄本島の北端から南端までを走り回った旅でしたが、
楽しい思い出盛り沢山となりました。
旅の思い出はまた以下のリンクから。
異国のようで異国ではなく
沖縄・高江を通り過ぎる

こんな春風珈琲ですが、よかったらまたお仕事に呼んで下さい。
近場で出張コーヒー講座も承っております
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード