12日(土)失敗しながら生きる~回り道して仕事を考える~

大変久しぶりに「春風のゆうべ」開催します。
今週土曜日。

今回の会場は、先日も「みのたけ商店ズ」を開催した、
京阪七条駅からすぐの「スペースほんでな」です。

自分の話をしようと思ったのは、
つい最近、僕がコーヒー屋になる直接のきっかけを作ってくれたお友達と
久しぶりにそのことで会話をしたこと。
それと、僕よりも遥かに頭の回転のはやくて緻密なお友達に、
気休め程度の励ましになるかも、と思ったことでした。

「春風」が「春風」になるまでのお話しなど。
フェイスブックでのイベントページもあります⇒こちら
==============================
春風のゆうべ
失敗しながら生きる
~回り道して仕事を考える~
ゲスト:春風・日下部伸行
==============================

フェアトレードのコーヒーを販売したり、
そのコーヒーでコーヒーの淹れ方講座をしたり、
遠くの国の物を売っているのかと思えば、
近くで仲良くなった人が作った物も売ってみたり。

地球の反対側の、エクアドルのコーヒー生産者に会ってから、
ふと自分の近所の生産者のことを思う。
「フェアトレード」って、途上国だけのことなのか、
お金の支払いだけ「フェア」であればいいのか。

そんなことを思いながら仕事してる人は、
大学出てから「意識高い系」を気取ってかっこよく働いてきたの?

実はブラック企業を経て、色んな業界で働いて、
転んで落ちて失って、ある時ようやく考え始めました。

自分や大切な人を大切にできる仕事って何なのか。

行き着く先が見えているわけじゃなくても、
とりあえず生き方を変えたのが8年前。
起業したかったわけではなくて、
自分が自分として生きるためには
仕事の仕方を自分でデザインせざるを得なかったという、
ある意味「意識低い系」起業家です。

「春風」が始まるまでの8年を振り返れば、
それまでの世代とは異なる、21世紀の就職事情も見えてくる?

果たして春風のあしたはどっちだ!?

ご飯時にコーヒーしか無いので一品持ち寄りも歓迎♪


●日下部伸行
自営業・春風
大学を出てから3つの会社の営業職・1つの会社の販売職を経て、
2008年「春風(はるかぜ)」として、
フェアトレードコーヒーを販売する会社の営業を請け負う仕事を始める。
コーヒー生産者に会いにエクアドルに行き、その様子を伝える講演活動も。
イベント出店やイベント運営をしながら、
2011 年に「まちカフェ京都」を始め、
仲間と一緒に小さな仕事を作り出す挑戦も開始。
コーヒーを通して人と人をつなげる活動から始まり、
コーヒー以外にも、作り手の顔の見える商品を、作り手の想いと共に販売。
他にも、手仕事仲間と一緒につくる手づくり市「芽ぶき市」を開催したり、
みんなで集まっておしゃべりしたりイベントしたり、
自営業の仲間を応援したりする「春風のゆうべ」を開催するなど、
コーヒー片手につながりを広げている。

【日時】2015年12月12日(土)19時開場 19時15分~

【場所】スペース「ほんでな」
京都市東山区七条鞘町下る
京阪七条駅から東へ一筋100m下る
地図

【定員】10名くらい(ご予約優先)
定員を超えた場合には、お断りすることもありますので、
お早めにお申し込みください。

【参加費】1,000円(コーヒー付き)
※一品持ち寄り歓迎(手作りでも買った物でも何でも歓迎)

【ご予約・お問い合わせ】担当:日下部
kusakabe☆harukaze226.com
(☆を@に変えて下さい)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード