スローなコミュニティとスローを求める生き方

いつも大阪のカフェスローOSAKAで開催しているエコトークカフェ、
今回は、カフェスローOSAKAのキッチン担当、藤丸さんをゲストに迎えました。

以前ご案内したイベントの概要はこちら
今回は、番外編として、平日に食事付きで、
これまでの半分位の20人位のお客さんとゆっくり過ごすイベントにしよう、
ということになりました。

普段はキッチンを担当する藤丸さんですが、今日は主役です。
そして料理も藤丸さんが準備しているので、大車輪の活躍です。

当日集まって下さったのはちょうど20人。

告知文のように、エコビレッジのお話もしましたが、
ちょっと内容を変更して、藤丸さんのこれまでの旅と、
生き方のお話をメインにしました。

というのも、打ち合わせの段階で、彼女の旅の様子を聴くにつけ、
何故そこを目指したのか、というところを伝えた方が良いような気がしてきたのです。

日本の学校に馴染めず、不登校になった日々。
学校を辞めてフリースクールに通い、更に海外に理想の場所を求めたこと。

そこで見たもの、感じたこと。
それからまた日本に戻り有機農業の研修をし、
以前から好きだった料理の道へ進む決意。

京都にかつてあったビーガンカフェでの修行から、
現在のカフェスローOSAKAに出会うまでを、
決して上手ではないけれど、時にはにかみながら、
また時には夢中になってお話しして下さいました。

お客さんの反応も上々でした。

ある教育関連の活動に携わっている方から、
「話し方や話の流れとしては、まだまだこれから、というところはあったけど、
何事もやってみることは大切ですよね」
という前置きはありましたが、
「このお話の内容だったら、仲間を無理やりにでも連れてくるんだった!」
と言ってくださいました。

「春風さんのフォローが良かったですね」
と褒めてくださったので、僕としても照れくさいところでした。

「これからも色んな大人の汚い部分を見ることがあると思いますけど、
あのカフェの皆さんと一緒だったらきっと大丈夫ですよ」
と藤丸さんに励ましのお言葉も頂きました。

その他、メールでも別の方から、
イベントとイベントの後の色んな人との交流、
それと何よりあんなに美味しいご飯がついて、
とっても得した気分になります。
という感想もいただいています。

平日にもかかわらず20人のお客さんを呼べたのも、
カフェでの藤丸さんの人気と、これまでのエコトークカフェの蓄積や、
僕のあちこちでの小さなつながりなど、色んな事が重なったのかと思います。

今回一番の収穫は、
エコトークカフェに自分の仲間を呼ぶことができて、
それなりの集客をすることができた、ということです。

元々、このエコトークカフェを始めた時から、
友達が出演する、というのは目標の一つでした。
それも、あちこちで講演している人ではなくて、
初めてとか、2~3回目、というような人がデビューできれば、
と思っていたのです。

辻信一さんや小出裕章さん、吉岡淳さんや深津高子さんといった、
数々の有名人をお招きして集めたつながりや固定客層を駆使して、
友達がデビューする時にお客さんを集めたい、
と密かに思っていたのが、今回は叶えることができました。

藤丸さんも緊張して、言葉に詰まることもありましたが、
優しいお客さんやスタッフのフォローのもと、見事に話しきり、
終了後は沢山のお客さんに囲まれて質問攻めにあっていました。

普段はキッチンに隠れている藤丸さんに、
新たなファンが増えた感じで、お客さんの反応も上々でしたよ。

知らない人に来てもらって講演してもらうよりも、
収入が少なくても満足度の高いイベントをすることができました。

日々チャレンジです。
スポンサーサイト

theme : 生きることは学ぶこと
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード