伏見・つながりcafeにて

27日の日曜、
伏見区総合庁舎の4階で、つながりcafeが開催されました。
イベントの概要はこちら
スロービジネススクール(SBS)という団体の仲間でもあったNさんが、
フェアトレードのイベントを企画して下さり、
講師として伏見青少年活動センターからお招きいただきました。

今回のイベントは、Nさんにとってコーディネーターとしてのデビューイベントです。
始まる前から緊張の色が見え隠れしていましたが、
そこは友達を講師に招いているということもあり、
講師の方も一応あちこちでイベントをやっている身でもあるので、
お互い気楽にあれこれ言いながら、開始前の準備ができました。

お客さん集まるかな?と事前に心配していたのですが、
蓋を開けてみると、ほぼ満員13名のお客さんが来て下さいました。
それにつながりcafeのスタッフが、Nさん含めて6名。

まずはコーディネーターのNさんが挨拶とつながりcafeの説明をして下さり、
後を引き継いで僕がお話を。

その前に簡単なアイスブレークで近くのお客さん同士で自己紹介などをしてもらい、
「つながる」ことと「想像する」ことをテーマに、フェアトレードのお話し。

僕が2年前に行ってきたエクアドルで行われているコーヒーのフェアトレードのこと。
森の中で、色んなつながりを大切にしながら育まれたコーヒーのことや、
その森の中で僕が学んだこと。

コーヒーという嗜好品の楽しみ方の一つに、
「作り手のことを思い出しながらコーヒーを淹れる楽しさ」
というものを加えてもらえたら嬉しいな、と思ってお話ししました。

1時間ほどお話をさせてもらった後は、コーヒーの淹れ方教室の開催です。
コーヒーを淹れる春風

春風による実演と解説付きの淹れ方講座。
淹れる時に一番大切なのは「愛情」です。
ケンカしながらコーヒーを淹れるよりは、
心を落ち着けて、大切な人を思い出しながら淹れましょうね。

そんなことを言いつつ、お湯の温度による味の違いや、
淹れる器具による違い、粉の量や焙煎度合いによる違い、
色んな事をお話ししていたら、みなさんとても熱心に聞いて下さいました。
皆さんコーヒー好きなんですね。

2種類のコーヒーを淹れて、飲み比べてもらいました。

その後は、みんなで輪になって交流会。
交流会

お話の感想や、コーヒーの淹れ方教室の感想、質問、
色んな言葉が飛び出して楽しい時間になりました。

Nさんが作ったケーキとクッキーも絶品!
参加者中最高齢の70代のお客さんも、大喜びでした。
砂糖もマスコバド糖というフェアトレードの砂糖を使用されたそうです。

参加した皆さんとても満足して下さり、
初めてイベントをコーディネートされたNさんも、
「自分には絶対無理!」と思っていた初めの頃とは違って、
とても楽しく過ごしておられたようです。

そのNさんの感想はこちらのブログにて。

仲間と一緒にイベントを作ることができて、
とても楽しい一日でした。

沢山感想は頂いたのですが、一部だけ紹介を。

「教えられたとおり淹れて仲間に飲んでもらったところ、
『すごく美味しい!』と言われました。
やっぱり美味しいって言ってもらえるって嬉しいですね」

「フェアトレードとは何か、原産地では何が起こっていか?
安すぎる珈琲の実態は何か?
そして、美味しい珈琲を淹れるためには、何が重要か?(愛!)
勉強になりました」
スポンサーサイト

theme : 楽しく働く
genre : 就職・お仕事

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード