秋の収穫祭出展準備

秋の京都観光の最盛期に、
京都御所の隣でイベント出展してきました。

自分でイベント出展するというのは、
実は初めての体験です。

スロービジネススクール(SBS)という団体に所属していて、
その名前で出展する、ということにしました。

SBSは、素敵な仲間が集まって、それぞれが大切なものを、
それぞれ大切に出来る生き方を探したり、作り出したりしようとしているところです。

以前、京都の漬物屋で働いていた頃に、
とても忙しいデパートの地下で漬物を売ったり、
関東のデパートで行われる京都の物産展に出かけたり、
社員という立場で2年程販売を経験したことはあるのですが、
自分で全て手配して店を出す、というのは初めて。

準備から、販売、撤収まで新鮮な体験でした。

出展したのは、『KBS京都マルシェ 秋の収穫祭』

60団体が出展するイベントに出展することにしたのは、
「SBSで出たらどうですか?」
友人でもあるカフェスローOSAKAのオーナーの一言からでした。
彼らも出展するのだとか。
食と農と暮らしを考える、というコンセプトのイベント。

おぉ、SBSっぽい。

でも、出展を決めた最大の要因は、
会場が我が家から自転車でも10分とかからない場所だった、
というところなのですが。

販売するものは、
ウインドファームのコーヒー、
ウェブショップ膳の商品、
SBS学生からの委託商品(アクリルたわし、ふんどし)
という物。

一人では寂しいので、仲間を誘おう、と思ったものの、
直前まで誰も名乗りを挙げてくれず、
近くの仲間はみんな大事な用事があって、当日は無理とのこと。

最悪一人でやって、時々カフェスローOSAKAに助けてもらおう、
と思っているときに、仲間が二人救いの手を差し伸べてくれました。
そして、当日行けない代わりにということで、
別の友人がポップ作りを引き受けてくれました。

一人じゃないって嬉しいことなんですね~。

前日の夜に一人で商品を搬入。
車が無いので大変ですが、そこはご近所。
家から会場までカブ(原付)に荷物をくくりつけて、2往復。
案外すぐに前日搬入は終了しました。

そして、当日の朝。
8時前に家を出て、8時頃には会場到着。
近いことはいいことです。

商品のレイアウトに少し悩みましたが、
並べてみるとあっという間に終了。
収穫祭準備中

でも、ちょっと見た目が寂しいな。
暇だったので微修正を繰り返し、色々遊んでみました。
レイアウト変更

ちょっと良くなったかな?
せっかくなので反対側からも。
反対側から

この辺は、以前の漬物屋さんでの経験が生きていました。

超せっかちで、とってもこだわり屋の店長を直属の上司に持ち、
2年間一緒に仕事をしてきたおかげで、
そして、大量の商品を2年間並べ続け、レイアウトに頭を使い続けたおかげで、
いつの間にやら色んなことを工夫できるようになっていました。

何なんでしょう。
芸は身を助けるというのか、人生に無駄なことなんて何一つ無いというのか、
とにかく、営業も含めて、今までやってきた色んなことが僕を助けてくれます。
何となく職を転々としてきたのかと思いつつ、
今はそれぞれの経験が、ちゃんとどこかで繋がっています。

SBSのブースの真向かい陣取った、カフェスローOSAKAのメンバーが到着した頃には、
すっかり暇を持て余して、細かいレイアウト変更をしていました。

そして開場の時間。

続きはまた今度。
スポンサーサイト

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード