特定秘密保護法案とパブリックコメント

「特定秘密の保護に関する法律案の概要」についてのパブリックコメントが、
17日まで募集されています。
詳細はこちら


基本的に、こういう人の権利が侵害されかねない
危なっかしい法律が出てこようとした時、
僕達を守るものは憲法しかないと思っています。

そして、せっかくの憲法も存在するだけでは宝の持ち腐れ。
なし崩し的に憲法上の権利を侵害されそうな時には、
その都度声をあげないといけないのが、
めんどくさいけど民主主義なのです。

僕は、憲法19条、21条を使って、以下のような文章を書きました。
思ったことを書いただけので、的外れかもしれません。
でも、僕は僕の意見を書きたいと思いました。

この法律案に対して反対いたします。
「テロ活動の防止」とは一体何をどこまで取り締まろうとするのか、
「外国の利益を図る目的」とは、どのようなことを指すのか、
明確ではない状況では、どのようにでも拡大解釈をできるように思います。

行政機関の長が、自分達に反する意見をどのようにでも解釈できるとすれば、
それは憲法21条の表現の自由の侵害であり、
同時に憲法19条の思想および良心の自由の侵害であると考えます。

公務員が、職務上知り得た情報を他に漏らすことを禁ずるというのは、
服務規律の上では当然であるとしても、
その知り得た情報が国民生活を脅かすほどのものであれば、
個人の良心に基づいてそれを告発する、
ということも許されるのではないかと考えられますので、
この法律案には明快に反対とお伝えしたいです。

以上

フェイスブックやツイッター上では、
日弁連が作った文例をそのままコピーして貼り付けるだけでオッケー!
とかいう文章もあったのだけれど、何かしっくりこないものがありました。

そんな時に、なるほど納得なご意見を読んだので、ご紹介。

出すのはムダなの!?「コピペでパブリックコメント」の問題点


自分の頭で考えをまとめるのって、
めんどくさいしなかなかうまくいかない。
それでも、拙い文章でも、
自分の気持ちをぶつけるのが大事なんじゃないかな。

忙しさでごまかして、何も考えないようにしてきたツケが、
今につながっているのではないかと思います。

めんどくさいけど、しんどいけど、
「民主主義」と呼ばれる世界に参加しないと、と思っています。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード