負けた時の作法

参院選、一夜明けて色んな感想を読みました。陰謀だと思いたくなる気持ちは分かるし、制度がおかしいと思いたくなる気持ちも分かります。でも、それを言ってしまうと先へと進めません。
選挙制度に関しては、比例代表制(非拘束名簿式)に関する誤解・無理解が多かったように思います。個人的には面白い制度だと思いましたが。衆議院とは違って個人名を書けば、政党の得票数に応じて個人名の投票数の多い人が当選します。衆議院の場合は政党が事前に出した名簿の上から順に当選し、選挙区で負けた人が復活することもあるのですが、参議院は違います。参議院の比例代表制は選挙区と重複立候補ができないようです。

僕の身近なところでは緑の党を応援する人が多く、その中の特に若い仲間達の為にも緑の党を例に挙げます。三宅洋平さんのように17万票取って落選する人もいます。その一方で、他の政党では2万票程度の個人への投票でも当選した人もいます。
でも実は、政党への投票の絶対数がまるで違うのです。そしてこれは大事なことです。逆に言えば、もしも緑の党そのものにあと200万票上積みできていれば、わずか9000票しか取れなかった、三宅さんに次ぐ2位の無名の人をも国会に送り込めた制度なのです。無名で地味だが優秀な人を国会に送れる制度です。

僕達は、陰謀に負けたわけではないのです。単純に、投票率が50%程度だったという、自分達の民主主義への無関心に負けただけなのです。「脱原発同士でつぶし合った」なんてことはありません。狭い世間で票の取り合いをしたけれど、もっと大きなところに目を向けなかった、というだけのことです。きのうや今日、僕がほんの少しすれ違った人や一言二言声をかけた人の半分は選挙に行かなかったということです。

目の前の選挙制度にクレームをつける時、実はその制度に隠された自分達へのメリットが見えていません。可能性も見えなくなります。初めての一票が無駄になったとしたら、無力感にさいなまれるのは分かるけれど、それでも次の一歩を探すのがおとなってものですよ。

負けは負けと認めた時、どうして負けたかを検討できます。他人のせいにする前に、自分に足りていなかったものを探すことができます。選挙制度に対する理解が不足していて、有効な対策を打ち出せなかったのか。そもそも狭い世間で井の中の蛙だったのか。色んな事を検討して、次への糧としたいものです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード