「365日24時間死ぬまで働け」美徳と強制の狭間

ワ○ミには今後も行こうとは思わないのですが、
飲食店に限らず安さを売り物にするお店は、必ずどこかにそのツケを回しています。

材料の作り手を犠牲にするか、
そこで働く人を犠牲にするか、
消費者の健康を犠牲にするか。

ワタミ社内文書入手渡辺美樹会長が「365日24時間死ぬまで働け」

一見するともっともらしいことを言うこの手の人は、
「昔は良かった」と言いたがる古い世代の男の人に人気があったりします。

「出来ないというのは途中であきらめるから出来ないのだ」とか、
「他者への感謝」的な、
一面ではもっともなことを理念として強調するような会社は、
社長や幹部がそれを自分ではなく、
自分のところの従業員や立場の弱い取引先に押し付ける傾向が強いので注意が必要です。

素直な人ほどその言葉の「もっともらしい部分」に縛られて
自分を傷つけてしまいます。

ブラック企業を渡り歩いた経験を持つ僕からのご忠告としては、
心に響かせるような言葉をちりばめた採用情報や企業HPは、
よくよく吟味されることをお勧めしますっていうことです。
きちんと中身を見たり、裏にあるものを想像したりする力を養いましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード