お寺で滋賀・京都・大阪をつなぐ

3月3日のひな祭りに、大阪にあるお寺・應典院で、
大縁日」が開催されました。

お寺をまるごと会場に、
滋賀・京都・大阪と琵琶湖流域をつなぐ素敵な縁日でした。

春風はコーヒー屋として、また、主催する「びわ創」の仲間として、
京都の仲間を誘って出店してきました。

出店場所は六地蔵さんの前です。
DSCF2747.jpg
両隣りには、
南比良の美味しい卵を使ったお菓子屋さん・菓子工房友さんと、
愛東の愛のまちエコ倶楽部さん。

菓子工房友さんは、以前さいりん館に来ていただいたり
こちらから南比良に遠足した際にお世話になった、
利助卵のお父さんの娘さんがお店をされているのです。

愛のまちエコ倶楽部さんは、
さいりん館でも菜種油を販売させてもらっています。
DSCF2744.jpg

BBCの取材も入って、大盛況。
DSCF2743.jpg
ちなみに、滋賀ではBBCというと、かのイギリスの放送局ではありません。
びわこ放送のことなんだって。

そして、春風はというと。
DSCF2730.jpg
利き水大会やっちゃってます。

DSCF2745.jpg
お好みの水でコーヒー淹れます。
滋賀・京都・大阪の水で、
滋賀は、南比良・愛東・上丹生(かみにゅう)という琵琶湖の西・東・北の水。
京都は東山区のとあるお寺の井戸水。
大阪は水道水。
誰も水道水を選びませんでした。

お寺の中でも沢山の出店があり、
お店だけではなくてダンスのワークショップや味噌作りワークショップ、
それに「ふるさと絵屏風」の紹介など盛り沢山。

外でも餅つきしたりで大賑わい。
春風も賑わっていたので、お店を離れている時間がありませんでした。

本当に楽しいつながりの広がる一日となりました。
来て下さった方、一緒に場を作って下さった方、
皆様ありがとうございました。

「自分の仕事を創る」なんて普段考えているけれど、
創り出すということは、一人で創った気になっていても、
実は色んな人にお世話になりながら生まれてくるものなんだと感じます。

「自営業」って、自分一人ですることよりも遥かに大きく、
誰かの助けによって生きているということを痛感する生き方のような気がします。

きのうも関わって下さったみなさま、
アシスタントとして助けて下さった方、
未熟な僕を応援して下さったみなさま本当にありがとうございます。

應典院というお寺で開催したからなのかどうか、
余計に「ご縁」のありがたさが身にしみました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード