京都環境フェスティバル

11月21日、22日と京都で行われた「京都環境フェスティバル」に出展してきました。

友人が立ち上げた、「フェアトレードプロモーターズ(FTP)」の一員として出展、
ついでに会場で30分ほどのミニワークショップもさせて頂きました。

今回のイベントは我が家の近所で開催されたイベントの為、
前日の搬入から参加、都合3日間にわたって、
色々と活動させていただきました。

「環境」フェスティバルと銘打つイベントの為、
去年訪れたエクアドルでの森林農法の様子など、
環境に配慮したコーヒー栽培をPRすることで、
「フェアトレード」と「環境」という二つのテーマでの出展です。

その為、今回はエクアドルのコーヒーをメインに出展して下さることに。
環境フェス準備中

更に2日目には、ワークショップ会場にて、
エクアドルの森林農法についてのお話もさせて頂きました。
ワークショップ1

メイン会場でのイベントの時間帯とも重なっており、
「お客さんはほとんど来ないかも・・・」
なんて脅されていたのですが、
30人位のお客さんが顔を出して下さり、
イベント後にはコーヒーを買いに来て下さる方も。

エクアドルのインタグという地域で、
森を切り開くのではなく、共存しながら暮らす人々。
コーヒーだけではなく、バナナやアボガド、野菜や建築用の木材、
色んなものを一緒に栽培している森林農法について。

彼らが守っている森は、実は「生物多様性のホットスポット」と呼ばれる、
世界で34か所しかない豊かな生態系の残る地域なのです。

そこにやって来た鉱山開発の脅威に反対しながら、
豊かに暮らす人たちと、フェアトレードという形で協力しながら活動をする、
そんなコーヒーのお話でした。
ワークショップ3


イベントには2日間で延べ3万人近く来場したということですが、
会場が広大で、それ程沢山の人がいたのかどうか、
あんまり実感はありませんでした。
イベント会場


それでも、イベント中はコーヒーの試飲も出したおかげもあり、
エクアドルのコーヒーが沢山売れました。

他のブースで出展されていた方の中にも、
気に入って買って行って下さる方もあり、
おかげさまで2日間楽しく過ごすことができました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード