鴨川の春御所の春

空があまりにも青いので、
出かけずにはいられませんでした。

ウインドファームの仕事のやり取りの中で、
Mさんから、
「昨日はゆっくり村で竹の子堀をしました。
もう楽しすぎてくらくらでした」
というメールをもらって、
何だか季節を楽しむのがうらやましすぎる~、
と思って出かけることにしたのです。

いやいや、もちろん営業にですよ。

たまたま京都御所の近くにお客さんがいるので、
そこに立ち寄るついでに、京都御所にも行こうかなあ、と思って。

引っ越してから、京都御所はずいぶん遠くなりました。

でも、そのおかげで、鴨川沿いの桜並木の下を、
気持ちよく自転車で駆け抜けることが出来るようになりました。

河川敷の上から川に向かって伸びる桜の枝。
柳の緑もユキヤナギの白も、河原でのんびり幸せそうにくつろぐ人たちも、
それから好き勝手に歩き回るハトや、お弁当を狙って旋回するトンビも、
何もかもが春の陽気の中で幸せそうに見えます。

抜けるような青空もとてもきれい。

やっぱり出かけることにして良かったなあ。
世界はなんて平和なんだろうか。

河川敷には車もいないし信号も無いし、
のんびりと緩やかに自転車をこぐことができます。

鴨川を離れ、御所に向かい、緑の回廊を抜けて、ちょっと休憩。
青空と木漏れ日があまりにも気持ち良くて、
桜の下でお昼御飯を食べよう、という予定をキャンセルして、
森のベンチでパンとコーヒーで休憩しました。
幸せ~。
Tさんのように、外で本を読もう、と思って持参した本も、
やっぱりカバンにしまってただただ森を楽しむことにしました。

その後、御所の北にある『近衛邸跡』の糸桜を見学。
既に見頃は過ぎていて、散り始めの桜の周りには、
それでも沢山の人が楽しそうに散策していました。

でも、静かに過ごすには少し人が多すぎるな。

そう思ったので、場所を変えて以前からのお気に入りの場所へ。
御所のすぐ南にある大きなイチョウの木の下へ向かいました。

この時期のイチョウの木は丸裸。
おかげで周囲には誰もいません。
でも、僕はなぜかこの木の下にいるのが好き。
いつも座る木のこぶに腰をおろして、ぼんやり空を見ながらコーヒーを飲んで、
思う存分時間と空間を独り占めしてきました。
みんなが桜に夢中になっているおかげで、
僕は贅沢な時間を満喫していました。

そうそう、山吹も咲き始めてきれいでした。

あっ、営業?
もちろん行きましたよ。

「こんにちは~」
「あぁ春風さんお世話になってます」
「ちょっと春の陽気に誘われてやって来ました~」
「いいですね、春ですからね~」

そんな感じの他愛のない会話をしつつ、
ちゃんとウインドファームのコーヒーが売れるような対策を一緒に考えて、
ああしてみよう、こういうことを販促に考えてます、
なんてことを話し合って来ましたよ。

うん、御所か営業どちらがメインですか?

春ですからね。

そう、春風ですから。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

春風~はるかぜ~

Author:春風~はるかぜ~
春風珈琲。コーヒー好き。コーヒーが生まれる場所を見たくてエクアドルのコーヒー生産者に会いに行き、ご近所の生産者のことが気になり始める。フェアトレードって途上国だけのことなのか。色んなところでコーヒーを淹れて、ゆるやかな時間を作ります。出会った人達の商品を紹介中。歴史と京都と町家も好きで、今熊野で町家暮らし。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
春風カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード